このサイトでは車を保護するプロテクションフィルムについて詳しく紹介してます。
フィルムの紹介や、伸縮性が高いとされる材質、このフィルムを貼った時のデメリットにヘッドライト専用タイプについて、また実際に使用するときの貼り方までまとめてます。
聞いたことはあるが実際のところ、どのような商品でどんな特徴があってまた使い方などが今一つわからないと感じている人も多いはずです。
ここでは分かりやすく説明を致します。

車を保護するプロテクションフィルムとは?

車を保護するプロテクションフィルムとは? アメリカで開発されたプロテクションフィルムは、小さい飛び石や泥はね、虫などの衝突があると傷んでしまう車の塗装を保護する特殊なフィルムです。
ワックスやコーティングは綺麗に見せて汚れから守りますが、傷がつくことは防げません。
プロテクションフィルムの特徴は耐候性と耐摩耗性に優れていて、透明で対候性のあるアクリル系の粘膜剤を塗布してます。
厚みは0.15mmで高透過ポリウレタンを使うことで柔軟性や伸縮性もあります。
そのため曲面への加工もしやすく、これまでは難しいとされた複雑な形状のパンパ―など3次元の曲面でも1枚のシートでも貼りつけることが出来ます。
柔軟性があるので飛び石などの飛来物からも衝撃を吸収して塗装を守ってくれます。

プロテクションフィルムで車のボディをコーティング

プロテクションフィルムで車のボディをコーティング 車のボディはいつも過酷な状況に置かされています。
小石が飛んで来ればすぐに傷がつきますし、砂や泥、花粉などがボディを徐々に汚していきます。
紫外線を浴びればボディカラーは徐々に色褪せてしまいますし、雨は錆の原因となることは子どもでもわかることでしょう。
もちろん簡単にそのようにならないために耐久性がある塗料を何層にも重ねて塗装されているのですが、それでも時間の経過とともにボディカラーの劣化は避けられません。
そこで少しでもその劣化を遅らせるために、コーティング剤を塗布したり、ワックスを塗ったりしてボディを守るわけです。
そのような中でプロテクションフィルムが注目されています。
特殊な薄いフィルムをボディに包むように貼りつけることで、傷や紫外線などから守ることができるわけです。
プロテクションフィルムは4~5年の耐用年数があり、寿命が来れば剥がして貼り直すこともできます。
プロテクションフィルムのおかげで守られた車は、売却するときにも綺麗な状態であるために高く評価されるに違いありません。
またプロテクションフィルムの色合いをオリジナルのものと替えることによってイメージチェンジを図ることも可能です。
新しい車に変えたような楽しさがあることでしょう。

プロテクションフィルム情報リンク

プロテクションフィルム