プロテクションフィルムを張るデメリット

プロテクションフィルムを張るデメリット プロテクションフィルムは、あくまで飛来物から塗装を保護することが目的なのでコーティングと違って全く分からないというわけでもないです。
ただ、3mぐらい離れてしまうと殆ど確認出来ないレベルの施工も出来るため貼ったことを言わないと、人が気がつくことはあまりないです。
ただ、経年劣化でフィルムが変色することがあるので定期的なケアや張り替えは必要です。
フィルムの偏食や塗装面との経年劣化の差も、適切にケアを行うことで変色は最低限に抑える事も出来ます。
プロテクションフィルムは最低限のUV保護のみのためで、塗装面の退色等で起きる色味の差も発生しにくいです。
他にもデメリットはあって、艶ありや艶消しも可能ですが色を変えて楽しむことは出来ませんし、大きな飛来物は貫通する恐れもあり交通事故の衝撃は緩和出来ません。
データが無い車種だと手間がかかるので施工費用が高額になりやすく、塩ビと比べると耐久性はありますが経年変色は防げません。
剥がすときには力が必要で塗装の種類によって若干糊が残ったり、経年後に貼ってない箇所と色見の差が出たりします。
部分的に貼った時は経年後に貼ってない箇所と光沢差が起きて、200ミクロン程度厚みがあるので貼らない箇所と段差や汚れ詰まりも起きます。

プロテクションフィルムの色味に気をつけよう

プロテクションフィルムの色味に気をつけよう 大切な愛車を守るためにプロテクションフィルムの利用を検討することもあるかもしれません。
さまざまなタイプがあるため適切な種類を選択することが多いと言われています。
どのプロテクションフィルムを利用するか判断するときは、色味を考える方がいいです。
商品をチェックしたときは差がないと感じても、実際に利用してから違いが目立つことは少なくありません。
あとから慌てないためにも事前に色味が適したものか確認するといいです。
慌てて決めてしまうと予想外の結果になり、仕上がりに満足できないこともあります。
最高の状態に仕上げるためにも、さまざまなポイントをチェックして決めるといいです。
プロテクションフィルムを使用したことで他の部分との差が気になるのを予防するためにも、選定期間を設けた方が安心できる傾向にあります。
初めて探すときは微妙な違いに気づけないこともあるので、詳しい人に相談しながら適切なものを選ぶと満足できることが多いです。