厚手タイプのメリット

厚手タイプのメリット プロテクションフィルムを活用して、自動車の外装部分をラッピングする方法があり、専門会社では高品質なフィルムと技術により、綺麗に施工しています。
厚手タイプを敢えて用いる方法もあり、薄いフィルムと比較をすると、多少の擦り傷や飛び石があってもボディを保護できるメリットや、施工時にシワができにくいメリットも感じられます。プロテクションフィルムで厚手タイプを利用する際には、ボディ本来の発色を再現できるように、高品質で透明度が抜群なフィルムを用いることも基本です。ネット通販でも専用のプロテクションフィルムは販売されているので、自宅で自分で作業をすることも決して不可能ではありません。
綺麗に施工できた後には、お手入れをすることも必要です。できるだけ手洗い洗車を行うことが良い方法とされている一方で、フィルム自体を保護するために液体状のコーティング剤を塗る方法も効果的です。コーティング剤の選び方はガラス系のものでもムラができにくいものや、艶が十分に出るものであれば、ボディを更にプロテクトすることに役立ちます。

飛び石等の傷からボディーを守る

飛び石等の傷からボディーを守る プロテクションフィルムとはポリウレタン製のフィルムをカーボディに貼り付け、洗車傷や飛び石等の傷から守る目的や紫外線による塗装面の劣化など様々なリスクから自動車を保護し、美観を保つ目的として高級車の主に施工されます。
プロテクションフィルムは高級輸入車等で主に施工され、塗装面のコンディションを新車時から保ち、リセールバリューメリットを考えて施工されるケースが多いです。全塗装と違って施工時間が短く、売却時に剥がすことができます。
全塗装は売却時に査定価格が著しく低下しますが、プロテクションフィルムで保護してあれば、売却時に剥がせば新車時の艶が戻り、高く売却できる期待が持てます。プロテクションフィルムと塩ビ素材のラッピングフィルムと大きく異なる点は透明度が高く、さらに衝撃吸収性に優れている点です。施工後は見た目の美しさとボディの保護性能が高まり、常にボディを綺麗な状態に保ち、車の価値を保つことが可能です。