プロテクションフィルムの貼り方

プロテクションフィルムの貼り方 プロテクションフィルムを自分で貼ることはできるのでしょうか。ネットなどではDIYで行う貼り方などが公開されていたりしますが、見ているとなかなか難しそうです。特にごみが混入しないようにするのは大変そうで、大きな面積になればなるほど難しくなっていきます。それでもライトやドアノブの周囲など、部分的にプロテクションフィルムを貼るのであれば、何とかなりそうです。
フィルム自体とても伸縮性があり、自然にフィットしようとする性質があるのも助かります。自分で行えば費用も抑えることができるのでチャレンジしてみる価値はあるでしょう。しかし、失敗せず本当に綺麗に仕上げた刈ったり、ボンネット全体に貼るような場合は、無理をせずプロの専門業者に依頼するのが得策です。やはり経験と実績があるプロの施工技術は素晴らしく、素人とは比較になりません。費用については業者にしっかり見積もりを取ると安心です。部分的であればDIY、自信がなかったり、広範囲であればプロにと分けて考えることをおすすめします。

プロテクションフィルムを貼るなら専門店に

プロテクションフィルムを貼るなら専門店に プロテクションフィルムを自動車のボディに貼るときには、貼りたい場所の大きさや形に合わせてフィルムをカットしなければなりません。自分の手で使用とすると難しいもので、車に貼った後でカットしようとすると車に傷をつける危険性もあります。また、フィルムが傷ついたときにははがして新しいフィルムを張り直すことを前提にします。そのため、貼るときにも細心の注意が必要で、自己流で貼ってしまうとはがす時にボディ表面の塗装までついてしまうことになりかねません。簡単なように思えるプロテクションフィルム貼りですが、やはり専門店での作業が一番安心です。
プロのスタッフが担当する店では、豊かな商品知識に基づいての相談ができ、自分の車にあったフィルムを選択することができますし、施工についても相談して要望を伝えることができます。完成度の高さはもちろんですが、施工後のアフターケアまで対応してくれるので、フィルムが傷つき貼り替えるときも安心です。